ヒーリング・ミュージックのパイオニア的存在となったアディエマスの通算5枚目のアルバム。NTV系『きょうの出来事』エンディング・テーマ「シューベルツ・ダンス」他、全16曲を収録。(メディア掲載レビュー)

 作曲者カール・ジェンキンス率いるアディエマスは、女性コーラスとオーケストラによって創造的な音楽を生み出しているユニット。この5枚目では、ヴォーカルを歌としてではなく楽器として見立てた“ヴォーカリーズ”という手法を主体としている。
パワフルなコーラス隊が各楽器とともにリズムを形成し、肉声と楽器がダイナミックに躍動していくさまは、圧倒的な迫力だ。クラシックを中心にタンゴ、アフロ、サンバなど多様な要素を取り入れ、全編で実験精神がみなぎっているのだが、どの曲も聴きやすくポップに仕上がっているところがすごい。クラシックとポップスの狭間を、“肉声”でつなげた傑作だ。(小山 守)

 ・ amazon : アディエマス・ファイヴ~ヴォーカリーズ(CCCD)

 ・ Google Play Music : Adiemus : 05. Volcalise (2007) / ヴォーカリーズ

 ・ レコチョク Best : Adiemus : 05. Volcalise (2007) / ヴォーカリーズ

 ・ Spotify : Adiemus : 05. Volcalise (2007) / ヴォーカリーズ

ディスク:1
1. ロンド
2. ザ・プロテクター
3. 追憶のタンゴ
4. ドナ・ノビス・パチェム Part I
5. ドナ・ノビス・パチェム Part II
6. アクルザム
7. シュヴァンダ・ザ・バグパイパー
8. エグジット・シュヴァンダ
9. ベンディゲディグ ~ ウェールズの聖なる恵み
10. シューベルツ・ダンス
11. 孤独な君のためのベルスーズ
12. アリア
13. ミステリアス・アー・ユア・ウェイズ
14. 旋律の中の悪魔
15. ヴォーカリーズ 作品34番第14章
16. 草原の舞