George Winston / ジョージ・ウィンストン

George Winston / ジョージ・ウィンストン
Biography

ジョージ・ウィンストン (George Winston、1949年‐ ) は、アメリカ合衆国ミシガン州生まれでモンタナ州育ちのピアニスト・作曲家。
その自然風景を反映するジョージのプレイは癒し系音楽 (ニューエイジ・ミュージック) と認知されている。ニューエイジ・アーティストとして認知されている。
ジョージは彼自身のプレイスタイルを “Rural Folk Piano” と呼んでいる。また、彼はR&Bやジャズ、ブルースやロックなどからも影響を受けており、特にドアーズからは強い影響を受けたと語っている。

 ・ Spotify : George Winston / ジョージ・ウィンストン

George Winston / ジョージ・ウィンストンの生い立ちと経歴

1972年に 『BALLADS & BLUES -1972』でソロ・ピアニストとしてデビューをすると、モンタナ州の春夏秋冬を表現した四部作である 『AUTUMN (1980年)』、『WINTER INTO SPRING (1982年)』、『DECEMBER (1982年)』、『SUMMER (1992年)』をウィンダム・ヒルよりリリースし、メディアやコアなリスナー層から高い評価を受けた。
けた。1994年にリリースされた 『FORES (1996年)』 は1996年度のグラミー賞ベスト・ニューエイジ・アルバムに選ばれた。
1996年にリリースされた 『LINUS & LUCY – THE MUSIC OF VINCE GUARALDI』 では、ジャズ・ピアニストとのコラボレーションにより新たな一面を覗かせるも、1999年にリリースされた PLAINS ではモンタナ州を連想させるジョージ独自のニューエイジを聞かせてくれた。
2002年には、大好きなドアーズへのオマージュを込めたカヴァー・アルバム 『NIGHT DIVIDES THE DAY – THE MUSIC OF THE DOORS 』をリリース。
2004年には彼の原点回帰作とも言える MONTANA – A LOVE STORY をリリースした。
2006年、ハリケーン・カトリーナ被害のためのチャリティ・アルバム 『Gulf Coast Blues & Impressions – A Hurricane Relief Benefit』 をリリース。
彼の代表曲はアルバム『AUTUMN』収録の “Longing/Love” (あこがれ/愛)で、日本ではトヨタ・クレスタのCM曲、「NNN日曜夕刊」の「今週の動き」のBGMに使用されたほか、「箱根 彫刻の森美術館」のBGMに使用されている。