Andre Gagnon / アンドレ・ギャニオン

Andre Gagnon / アンドレ・ギャニオン
Biography

アンドレ・ギャニオン(André Gagnon, 1942年8月1日 – )は、カナダの作曲家、ピアノ奏者。 近年日本でブームになったヒーリング音楽の分野において草分け的存在として有名。代表作は『めぐり逢い』がある。また親日家としても知られる。

 ・ Andre Gagnon / アンドレ・ギャニオン のまとめページ

 ・ Spotify : Andre Gagnon / アンドレ・ギャニオン

Andre Gagnon / アンドレ・ギャニオンの経歴と活躍

アンドレ・ギャニオンは1942年カナダのケベック州の北部にあるサン・パ・コムで生まれた。
4歳の時、協会で聞いた音楽を家のピアノで弾いて見せ、6歳で作曲を始める。10歳でピアノ・リサイタルを開き、モーツァルトを演奏した。
モントリオールの音楽院で音楽理論、作曲、ピアノを中心に学び、ケベック州政府から奨学金を得てパリに留学する。
カナダに戻ってからはポピュラーとクラシックの両ジャンルで活躍。
1968年に「Notre Amour」「Pour Les Amants」の2枚のアルバムを発表。1969年にはヴィヴァルディのスタイルを借りたバロック風コンチェルト「Mes Quatre Saisans」を発表して注目を浴びる。
以来、カナダ本国では19枚のフル・アルバムと映画音楽やTV音楽、バレエ曲、オペラも作曲しカナダを代表するアーティストとして活躍している。
1983年現在でもベストセラーを続ける「Impressions」を発表。世界中でその音楽性が高く評価される。
1994年「Romantique」(インプレッションズ2)、続いてクリスマス・アルバム「Noel」を発表。95年3月ジュノー賞インストゥルメンタル・アーティスト賞を受賞。10月にスタンダード曲を集めた「Twilight Time」をリリース。
1996年フジテレビ系ドラマ「Age, 35 恋しくて」の音楽を担当。